岡田 淳
本日個展が終了しました。
たくさんのご来場、ありがとうございました。

岡田さんが展覧会用の冊子の中で、残したものを原文のまま紹介します。


exhibition


展は、つながりを生む。
作品が自分の手を離れ、
人の目にさらされる。
たくさんの人。友人、知人。
目の肥えた人、芸術とは無縁の人。
名前も知らない誰かが、
足を止めてくれる嬉しさ。
楽しそうな顔、驚いたような顔、
納得した様な顔、探るような顔、
きょとんとした顔、忌々しそうな顔。
それでも自分の作品が、
人と繋がる瞬間に立ち会える幸せ。
ただ作るだけでない、
その先の世界。
未熟を思い知らされ、
新たな闘志を焚き付けられ、
不安も緊張も期待も感動も、
やみつきになる。